未来への政策

子どもからお年寄りまで、誰もが安心して暮らせる街づくり、豊かな自然を残しつつ防災に強い街づくり、高齢者向け予防医療、小児医療の充実、八王子独自の出産無料化の創設、元気な商店街、元気な八王子づくりを一歩進めます。

八王子・地域の抱える諸問題にこれからも真剣に取り組んでまいります。
・『子育てナンバーワンの街づくり』の復活
・子ども食堂の充実化(貧困7人に1人)
・八王子独自の出産無料化の創設
・中核市の見直しを提案
・景観条例で『屋外広告物手数料』の見直しを求める
・『富山型地域共生福祉』方式を採用した、高齢者向け予防医療、高齢者・障がい者の働く場の創設
・高齢者施設・待機者の対策の充実
・保育園待機児童対策の充実

皆様の多大なるご支援もと、5期20年に渡り市政の最前線で働かせていただきました。子どもたちが安心して育つことができる街づくり、高齢者が増える今後、共に長生きできる社会づくりを進めてまいります。東京都初の道の駅の開業(平成19年4月)により地域農業の活性化を進め、市街化調整地域の撤廃を計ります。「待つ政治から出向く政治へ」をモットーに、ずっとみんなが安心、ずっとみんなが快適な街をつくるためにこれからも全力で頑張ります。

多くの人が住みたいと思えるような、緑と清流、自然が残る街づくり。
豪雨・地震などが増える中、発生時の危機管理体制の充実。高齢者が社会の一員として、健康である限り社会参加できる仕組みづくり。
子供のいじめ対策としてPTAからPTCA(C=コミュニティー)地域の力が必要です。「コミュニティー」の共助の推進を計ります。
環境にやさしいライトレールの整備などにも取り組んでまいります。